収斂(しゅうれん)味

f:id:fridayusao:20211020083255j:plain


https://open.spotify.com/track/5BOCBtMltfVmBYGsg8D8lO?si=n0NJqxt1TKO4la9SI8OjOQ

花田ゆういちろう小野あつこ'朝ごはんマーチ'


エグ味にはホモゲンチジン酸、シュウ酸など、渋味はタンニン、苦味はアルカロイド。手製の酢漬けたちは深淵な味わいで遠い記憶の味をフラッシュさせたりして。レンコンの酢漬けの微かな収斂(しゅうれん)味。チャンチン、と言った。たしか今チャンチンと。チャンチンを検索する。漆に似た葉。これだこれこれ。これを醤油漬けにして食べていた。親族総出の山菜採取。チンチャンだ!という叔母の笑顔。親族の田舎慶尚南道の方言かもしれない。小学生の頃は嫌だったけど本籍地の欄の長い韓国の住所。父は暗記して何も見ないで書いていたなあ。散らばる記憶がカタカタと集まる。チャンチン。味はちゃんと覚えてますよ。

紫キャベツ


f:id:fridayusao:20211012121223j:plain

https://open.spotify.com/track/3QH8rQGNFX8VLbCgZ7uPTS?si=bPguEai-QFu2dNP47OUWig&dl_branch=1

BTS'フライトゥーマイルーム'


紫キャベツは一個五百円。高いか安いかはわからないですよ。千切りにすると体積はおよそ3倍になります。半分ずつやりましたけど、千切りをさっと茹でて温めた甘酢に浸します。紫色はみるみる鮮やかピンク色に変わります。酢は安い酢とレモンと半々でやりました。グラニュー糖は酢と同体積。たっぷりいれました。甘酢漬けにちゃんと塩入れないと野菜が溶けちゃうからね、と母は言ってましたがそれはホントかな。

心地良さ

f:id:fridayusao:20211012103437j:plain


https://open.spotify.com/track/5jkjA0nfXShEJKVbxXfaTn?si=Zy2Tn0MST3iVWXYM3SK7qQ&dl_branch=1

サビーカス'ブレリーア'(*)


私はバンタンが好きなんだけどなんで好きかっていうと心地よいからですね。脳が感じるところの心地良さを説明するのはナンセンスで、平坦な表現で言い得たとしても暑い日のソーダの泡。まず飲め。言うより聴けなんだと思います(自分に言ってます)(別にバンタンを世界中の人が聴けばいいなんてぜんぜん思わない)(おやおや知らないんですか?世界中の人がバンタン聴いてますよ笑)。普段は片付いた部屋。パッと見ただけではわからない。キチンと片付けてある机の端で分厚い本と本に挟まって、それは長く姿を見せなかった。バンタンの音たちは振動して、やがて整然とした机上が僅かに揺れ始めるとペシャンコになったヒトのカタチをした色紙の切り抜きが、トントンっていう振動で隙間からひらりと浮いて出てきたんです。あー、私こんなにペシャンコになっちゃってたな、って自分で自分をつまみ上げて笑っている。まあそんな心地良さですね。



(*)フラメンコのリズムの一種。高速なやつです。


気合い

f:id:fridayusao:20211010231444j:plain


https://open.spotify.com/track/0xmEcb4yhUy5PS8MHdAvmc?si=SEWih7rORSCaaZl0VEtIMQ&dl_branch=1

BTS'バター'




なんやかんやでやっとこさワクチン1回目。初めて行くクリニック。受付を済ませ待合。隣に座る見知らぬ人に指摘され慌てて玄関でサンダルをスリッパに履き替えた。なんの疑いもなくカツカツとヒールで受付に挑んだわけだ。去年カレーを食べて胆管炎になり発熱。歯を食いしばり内科受診したがその時もやはり土足のまま受付へ。気合い入り過ぎ。下駄箱とか見えなくなっちゃうんだな。



フラメンコ読本

f:id:fridayusao:20211010225711j:plain

https://open.spotify.com/track/3vlX8DYLjmo7tzGeNBSVoG?si=oYzoraAgR8WhxW_StSb4Jg&dl_branch=1

ファンファーレ・チォカリーア


茗荷、紫キャベツ、ラディッシュ、赤い唐辛子。赤い酢漬け。苦瓜、胡瓜、緑の唐辛子。緑の酢漬け。モッツァレラチーズイワシはオイル漬け。それからオリーブの実。もう秋だからトマトはない。生ハム。チョリソー。


図書館でフラメンコ読本を借りた。フラメンコは読むものではなく、見るもの。もしくは踊るもの。



ピクルス

f:id:fridayusao:20211004221118j:plain


https://open.spotify.com/track/6Dmxt4rbi97c7sjoWRrJoj?si=yVRQlypjTbqrqPcyk_cb7w&dl_branch=1

藤井風’帰ろう'


大きめのステンレスのボールで。茗荷(みょうが)と二十日大根はたてに半分に割ってさっと茹でて、温めておいた甘酢を掛ける。甘酢は寿司酢のような感じでもワインビネガーでもレモンでも。胡瓜は皮とタネを取り薄切りに。苦瓜もタネをこそげたら薄切りに。胡瓜と苦瓜と小口切りのパプリカは茹でない。茗荷と二十日大根の中に足していく。終わりに玉ねぎスライスを投入。ビニール袋を手袋代わりにして全体を混ぜる。手掴みで容器に詰める。甘酢が全然足りないが終わりに湯ざましを足す。大きな瓶に詰めてもいいけど、小さめのキューブ型容器に分割してもいい。蛸(たこ)やジャコと和えたり、朝ご飯のハムエッグに添えたり。サンドイッチにしたり。薄味でさっぱり、日持ちしないので毎日食べる感じですね。